もにす認定制度

「もにす認定制度」認定企業に

アフラック・ハートフル・サービス株式会社は、2021年11月24日、厚生労働省が推進する「障害者雇用に関する優良な中小企業主に対する認定制度(もにす認定制度)」において認定されました。

「もにす認定制度」は、障がい者の雇用の促進及び雇用の安定に関する取組の実施状況などが優良な中小事業主を厚生労働大臣が認定する制度で、2020年4月1日より行われています。この制度により、認定企業が障がい者雇用における身近なロールモデルとして認知されることで、地域における障がい者雇用の取り組みが進展されることが期待されます。
共に進む(ともにすすむ)という言葉と、企業と障害者が共に明るい未来や社会に進んでいくことを期待して名付けられました。

もにす認定制度

アフラック・ハートフル・サービスは、グループ各社からオフィスサービスを中心にさまざまな業務を受託しています。また、社員の自己啓発を支援する制度を設け、新たな業務への挑戦を支援することで、社員が自立した社会人としていきいきと働いていけるような取り組みを行っています。今回、このような取り組みが評価され、認定を受けることができました。
企業理念にありますとおり、「無限の可能性」を信じ、社員一人ひとりの能力が最大限発揮できる会社であるよう、これからも社会に広く貢献する会社を目指してまいります。

もにす認定制度